株式投資に関係する情報の配信源

株式投資をする上で 情報はとても大切です。

なぜなら 株式投資に関係する情報によって、多くの投資家は 株の売買する判断をしますので、株価は変動をします。

だから 株式投資で稼ぐ為には、株式投資に関係する情報がとても大切になるんですね。


株式投資に関係する情報は、たくさんあり どの情報が正しいのか 株価に影響するのかを判断する必要があります。

その為に 株式投資に関係する情報の配信源などを理解しておく必要があるんです。


株式投資に関係する情報の配信源としては、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・ネットなどがありますが、テレビでも普通のニュースで取り上げられている情報と投資専門チャンネルなどで取り上げられている情報では違います。

普通のテレビなどで取り上げられている情報は、基本 多くの方が知る事になるので、株価への影響は早いですし、株価の今後の予測に使える情報は少ない事が多いです。

投資専門チャンネルであれば、アナリストの今後の経済動向などを知る事も出来るので 株価の今後の予測に使える情報が多い事が多いんです。

新聞や雑誌やネットも 基本 投資や経済などの専門の物と 一般的な物とでは、情報の価値が違いますね。


そして 情報を伝える方によっても 信用度が変わります。

週刊誌などの場合は、話題性を追求しますし、インパクトが優先する事が多いので、大げさな情報が多くなりますし、個人のブログなどの情報は、出所が不確かな無責任な情報も多く 個人の思い込みや先入観が入った情報が多いんです。

しかし 個人といっても経済評論家やアナリストなどのブログであれば、情報の正確さも上がりますし、その方が注目している銘柄などを紹介していれば、注目を集めて株価に影響を与える事もあるんです。


いくら 経済評論家やアナリストの情報でも鵜呑みは禁物です。

なぜなら 経済のプロでも 全然 考え方や見解が違う場合があります。

円安になるというプロもいれば 円高になるというプロもいますし、株価が上がるというプロもいれば 株価が下がるというプロもいるからです。


情報を配信する媒体の立場によっても 情報の提供の仕方が違いますし、見解が違ってきます。

基本 株式市場に深く関係している情報配信元は、株式市場の活性化を目論んでいるので、株式市場に投資をしたいと思うような情報を主に提供してきます。

話題の企業などを取り上げる傾向が高いので 週刊誌で取り上げられた銘柄は、もう天井付近という銘柄が多い傾向があります。


株式投資の相場へのコメントは、立場によっても変わるので、情報を配信する媒体の立場をある程度考える事が大切になるんですね。

大手証券会社のアナリストが出すレーティング(株の格付け)などは、多くの投資家が注目しているので 株価に大きな影響を与える事が多いからチェックしておく必要があります。


株式投資に関係する情報の配信源は、たくさんありますので、情報の信頼性や株価への影響力を考える事が大切なんですね。