同じ銘柄でも売買タイミングで損得が決まる

株式投資は、基本 上がるか下がるかを予測して 上がると思えば株を買って予測が当たって上がった時に売る事で稼げるんですね。

株価の変動を予測する事が大切になりますが、基本 上がりっぱなしの株もありませんし、下がりっぱなしの株もありません。

株価は上下に変動しながら 上昇トレンドになったり 下降トレンドになったりするんです。

トレンドについては、こちら → トレンドライン


どの銘柄の株価が上がるか下がるかを予測する為に分析して、取引する銘柄を選ぶ事が株式投資で稼ぐ為には大切ですが、どの銘柄でも上下するので売買タイミングが株式投資をする上では、もっとも重要なんです。

大きく上がった銘柄を 上がる前に購入していても もっと上がると思って売らなければ、最終的に下がって稼げなかったという事もあるからなんですね。


株式投資の場合は、同じ銘柄でも売買タイミングによって稼げる場合もあれば 損をする場合もあるんです。

中長期で運用すると考えて 銘柄を選ぶ場合は、ある程度の期間の株価の変動を予測して 分析する必要がありますが、短期での売買で稼ぐのであれば、売買タイミングで稼げるかが決まる事が多いんです。

分析に時間をかけるのであれば 中長期で運用する必要があるという事ですね。


もし 分析をいろいろとして株式投資で稼げないのであれば、売買タイミングに問題がある事が多いんです。

買うべきタイミングで売ったり、売るべきタイミングで買ってしまうから 株式投資で稼げないんです。

株式投資で稼ぐ為の基本は、株価の底を確認して 上昇トレンドへ移行した銘柄を買って 天井付近になり 下降トレンドに移行した銘柄を売るという事です。


株式投資で稼げていない多くの方が 上昇トレンドで迷って 天井付近で購入して 下降トレンドに移行したのに 反発すると思い込んで 売るタイミングを見誤って 損をするんです。

しかし 底を確認して 上昇トレンドだと判断するのは、とても難しいですし、天井と下降トレンドに移行したと判断する事も難しいです。

だから 株式投資で稼ぐのは難しいって事なんです。


しかし 底や天井や上昇・下降トレンドをきちんと確認しなくても 売買のタイミングを見逃さなければ稼げるんです。

なるべく 上昇トレンドだと判断できる銘柄を選び 下がった時に買って 少し上がれば売るという感じで 売買すれば 稼げる可能性は かなり上がります。

そして 銘柄を分散する事で 7割程度でも上昇トレンドの予測が当たれば トータルで稼げるんです。

銘柄の分析をいろいろと考えてする事も確かに大切ですが、それ以上に売買タイミングを考えて売買する事の方が株式投資で稼ぐ為には大切な場合もあるんです。


特に短期での売買で稼ぐようなスタンスの方は、売買タイミングを考えて 規則的に売買した方が稼げる可能性が高くなる事が多いんです。

同じ銘柄でも 売買タイミングによって稼げる場合もあれば 損をする事があるので、売買タイミングが大切だという事です。