株式市場の新興市場の魅力と罠

株式市場には、新興市場といって まだまだ未熟なベンチャー企業が多く滞在する市場があります。

株式市場とは、企業が株式公開をして投資家が安心して株式の売買を出来る為の市場です。

株式市場は、いくつかに分かれており、市場によって細かな上場基準があり、その条件をクリアした企業が上場企業になりその市場で株式の取引ができるようになるんです。

株式市場で有名なのが 東証一部ですが、東証一部に上場している企業は、多くの人が知っている有名な優良企業が多くいます。


しかし 東証一部に上場するには、上場基準が高く 簡単には上場できません。

企業は、上場する事で信用力と資金力を得る事ができますが、上場基準が高い市場ばかりだと 新しい企業は、上場する事ができません。

だから 新興市場といって 東証一部より上場基準が低く ベンチャー企業が上場できる市場があるんですね。

新興市場には、東京のマザーズ・名古屋セントレックなどがあります。


新興市場は、まだまだ未熟な企業が多いですが、だからこそ大きな可能性を秘めている企業も多いんです。

東証一部の企業であれば、企業も大きくなり従業員も多いですし売上げも多いので、大きなチャンスも少ないですし勝負も難しいんですし、企業として成熟しているので、大きな業績の変化も少なく ある程度 業績が安定している企業が多いんです。

しかし 新興市場の場合は、まだまだ従業員も少なく 売上げも少ないので、大きな勝負が出来ますし、小回りがきくので 大きな業績変化を見込めます。


そして 企業として未熟なので 改善点も多くあり業績は安定していませんが、まだまだ成長率が高く望めるんです。

だから 新興市場は、魅力的だといえるんですね。

しかし 新興市場の企業は、まだまだ未熟な企業が多いので 成長を望める一面もあれば、事業が上手くいかない可能性も高いんです。


企業の基盤が まだまだなので、ちょっとした事でも 大きく業績が悪化してしまう可能性も秘めているという事です。

そして 株式の発行数も少ないので、少しの売買で 株価が大きく変動します。

だから 新興市場は、株価変動が大きく 大きく稼げる可能性もありますが、大きく損をする可能性のある ハイリスク・ハイリターンな市場だといえます。


新興市場の場合は、株価が1年で十倍にも上がる事があるので、とても魅力的なのですが、逆に十分の一になる場合もあるんです。

新興市場には、大きく稼げる魅力もありますが、大きく損をする罠もある事を理解して、投資する事が必要です。