自分の投資によるリスク許容度を知る

株式投資をする上で リスクについて きちんと把握する事が大切です。

リスクを知らずに リターンばかりを考えて 株式投資をすると 大きな失敗をした時に 取り返しがつかない事にもなりかねないからです。

株式投資をする時に大切なのが、稼ぐ事以上に 自分がどれくらいのリスクならとれるのかを知る事なんですね。

リスクの許容度は、人それぞれ違いますので 自分のリスク許容度を知る事が大切です。


年齢・投資経験・資産額・仕事・家庭など いろいろな事がリスク許容度に影響します。

年齢が若ければ 仕事による収入が見込めますし、給料が上がる可能性も高いので リスク許容度が上がりますし、定年後 年金だけの収入であれば リスク許容度は下がります。

そして 余裕な資産が多ければ 多いほどリスク許容度が上がりますね。


仕事も 公務員など安定している仕事や高収入を見込める資格などが必要な仕事など 仕事によって収入の安定と収入の額が変わりますので リスク許容度に影響を与えます。

さらに 投資経験も多ければ リスクの対処などを理解しているので リスク許容度が高いといえますね。


家族構成などもリスク許容度に影響します。

家庭を持っていて 子供などがいれば やはり教育資金などがいるので リスク許容度が下がりますし、独身の方の方が リスク許容度が高いといえます。


リスク許容度が高い人は、余裕資産・収入の多い人や若い方や独身の方や投資経験が多い方って事です。

逆に リスク許容度が低い人は、余裕資産・収入の少ない人や高齢の方や家庭がある方や投資経験が少ない方って事です。


株式投資をする為には まずは、自分のリスク許容度をしり 無理のない投資計画をたてる事が大切です。

リスク許容度を超えた 投資をして もし失敗したら 取り返しがつかない事にもなりかねないからですね。


しかし 余裕な資金が少ない方こそ 投資で積極的に資金を増やしたいと思うと思います。

リスク許容度が低くても その範囲ないで ハイリスク・ハイリターンな投資をする事もできるんです。

高齢の方の場合は、ハイリスク・ハイリターンな投資は避けるべきですが、若い方であれば 余裕資金が少なくても 積極的に攻めた投資をする事で 少ない資金でも ハイリターンを望む事もできます。


しかし リスク許容度を超えた資金で ハイリスク・ハイリターンな投資は 身の破滅を招く事になりかねませんので 若くてもダメですよ。

リスク許容度を知り リスク許容範囲内で 株式投資で余裕資産を増やしていく事が大切なんですね。