分散投資という考え方は必ずしも良くない

株式投資をする上で いろいろな銘柄を組み合わせる事でリスクを分散して リスクを抑える事は確かに大切です。

しかし 分散して投資をすると大きく稼ぐ事は難しいんです。

ここぞという時に 良い銘柄に集中投資する事で 大きく稼げる場合もあるんですね。

何の根拠もなく 集中投資するような 危険な投資はオススメできませんが、経験や分析により 中長期的に良いと思われる銘柄なら ある程度 集中的に投資する事も大切です。


株式投資で良い銘柄を探している時に 自信を持って 良いと分析できる銘柄は、そんなに多くありません。

だから この程度ならと思う銘柄も 分散投資する銘柄に組み込んでしまうものです。

そこで 良い銘柄だと思う銘柄と そこそこ 魅力がある銘柄を分散して購入して 良い結果を得る事ができるでしょうか?

分散投資により リスクも分散されますが、リターン(利益)も分散されてしまうんですよ。


そして 分散投資する事を目的とすると 購入する銘柄も多くなり 分析する銘柄も多くなるので 手間も増えて 良い銘柄を見逃しかねないですよね。

全資金を 集中投資するという考え方は、絶対にだめですが、株式投資で稼ぐ為には、ここぞという時に ある程度の集中投資も大切なんです。

分散投資をするとリスク軽減になるから 分散投資するのはかまいません。


しかし 同じ比率やリスク分散にばかり 気を取られると 最終的には、利益も分散して 良い結果を得る事ができない場合もあるんです。

株式投資を始めてする場合は、分散によるリスク軽減を優先するべきですが、ある程度 経験を積んで 分析能力が上がれば ある程度の集中投資も 株式投資で稼ぐ為には大切なんです。


会社を退職後 退職金など ある程度まとまった資金があり、今後の仕事による収入が見込めない方であれば 資産全体の損失率や価格変動リスクの抑制など リスク管理を行い長期的な観点でリターンを獲得する為にも 分散投資は重要になります。

しかし 資金が少ないうちから リスク分散ばかり考えても 資産は増えて行かないと思います。


特に 若い世代の場合は、仕事による収入があるので 余裕資金で投資をするのならリスクよりリターンを考えた投資をする事も大切な場合もあると思いますよ。

株式投資で稼ぐ為には、分散投資も大切ですが、時と場合によっては、集中投資も大切なんですね。