NISAの罠?!非課税に枠に惑わされるな!

NISA(ニーサ)とは、少額投資非課税制度という 少額の投資で得た利益は非課税になる制度です。

NISAについては、下記のページで説明しています。

→ 少額投資非課税制度/NISA(ニーサ)を知る


NISAでは、毎年100万円×5年間で最大500万円の投資額で 最長5年間の収益が非課税になります。

非課税になるって事は、100万円 稼げても 税金を支払う必要がないって事です。

普通の課税口座では、100万円稼ぐと税金で20%程度(20万円)支払う必要があるんです。

だから NISAは魅力的だと 思ってしまうんですね。


しかし 当たり前ですが 稼げないと非課税枠は 何のメリットにもならないんです。

NISA口座で、投資をして 非課税枠だから 上がっても もっと稼ぎたい。

一度使った非課税枠は、使えないから なるべくなら 多く稼ぎたい。


だれもが 思ってしまうと思いますが、それが危険なんです。

あなたの都合で 株価は上がりませんし、その非課税という誘惑によって 判断を間違う事にもなりかねません。


だから NISAの非課税は、魅力でもあるが 判断を狂わせる罠も潜んでいるんです。

非課税枠は稼げた時に 意味があるのであって 非課税枠に惑わされて 売買タイミングを逃しては、意味がありません。


そして NISA口座で損をした場合、非課税枠も意味がなくなりますが、さらに 普通の課税口座のように複数の投資で得られた利益と損失を合算する「損益通算」や 翌年以降3年間 譲渡所得から損失を差し引くことができる「繰越控除」もNISAでは出来ません。

だから NISA口座で 損失がでた場合は、普通の課税口座より 損な部分が多くなるって事なんです。


しかし 非課税は、魅力的です。

だから 株式投資でNISAの非課税枠を有効に使う為に 選ぶ銘柄について考えてみます。

基本 中長期で大きなリスクの無い銘柄を選ぶべきですね。

銘柄を選ぶ基準としては、成長性・将来性より、安定性を重要視して 人気が無いだけで本来の企業価値より割安だと判断できるバリュー株(割安株)から選んだ方が良いと思います。

→ バリュー株(割安株)を学ぶ


株式投資は、必ず稼げるわけではなく 損をする危険も潜んでいます。

だから NISAの魅力である非課税枠ばかりに惑わされて 株式投資をするべきではありませんね。