株の買値にこだわり過ぎるな!

株式投資で稼ぐ為には、基本 安く買って 高く売る事が必要です。

だから 買値より 売値が高くないと 稼げないって事です。

※信用取引の場合は、売ってから買い戻す事も出来ます。


稼ぐ為に株式投資をするので 買値は重要ですが、買値にこだわり過ぎると 失敗を大きくする場合があります。

株価は、企業の現段階の株式市場の評価です。

企業の業績や将来性などを考慮して 現状の株価が高いのか安いのかを判断し 今後の株価を予測して 株価が上がると思えば 株を購入しますよね。

だから 買値より、現状の株価の評価が妥当なのかが重要なんです。


・例えば 株価が下がって 売るに売れない状態になった時

買値にこだわり過ぎると ある程度 株価が戻っても 損をするから売れないで また下がって損失が増える事もあります。

買値にこだわらないで 現状の株価の評価が妥当なのかを分析する事ができれば 損をしても売った方が得だと判断できるようになるんです。


そして 稼げていても 買値にこだわり過ぎると 売るタイミングを逃す場合もあります。

少しだけ株価が上がって稼げても 買値にこだわり過ぎて もっと上がらないと売らないと思う方もいるんです。

そして そんな方は、売るタイミングを逃して 株価が下がれば もっと売れなくなるんですね。


株式投資で 売買する時に大切なのは、現在の株価です。

そして 現在の株価が 分析によって 高いと思えば売って 安いと思えば買うのが原則です。

あなたの買値が株価に影響しているわけではないんですよ。

だから 買値にこだわるのでは無く 現状の株価の評価を分析し妥当なのかが大切なんです。


買値にこだわり いくら稼げたら売買するのではなく、ファンダメンタル分析テクニカル分析などで 株価の変動を予測し 現状の株価の評価をして売買する事が大切なんですね。

自分の都合の良い未来を予測したいのは 解りますが、客観的な分析による予測が株式投資で稼ぐ為には大切です。


だから 買値にこだわり過ぎるのは、株式投資で稼ぐ為には、不必要なんです。

株の買値ではなく 現状の株価の評価が大切なんです。