株はお金を働かせるという考え方

株式投資は、何もしないで楽をして稼いでいると思っているかもしれませんが、リスクを背負って いろいろと勉強をして お金を使って稼いでいるんです。

頭を使って お金に働いてもらって稼いでいるんですね。

そして 会社も実は、お金に働いてもらって稼いでいるんですよ。

株式投資も会社も 同じように お金を働かせているんです。


会社が稼ぐ為にお金を働かせている?

会社は、社長も働きますが、従業員を雇って 働いてもらい その対価として賃金(お金)を払います。

しかし 従業員に支払う賃金以上に 従業員には、稼いでもらわないと 会社は潰れますね。

だから 会社は稼ぐ為に、賃金(お金)を支払って 従業員に働いてもらって 支払った以上のお金を稼いでいるんです。

会社は、お金を使って 働いてもらって 稼いでいるって事です。

だから 会社はお金に働いてもらって稼いでいるって事ですね。


株式投資と会社は、お金に働いてもらい 楽して稼いでいるように思われる方もいると思います。

しかし 会社にしろ 株式投資にしろ いろいろと調査し いろいろな事を考えてしないと稼げません。 そして 株式投資と会社の場合は、稼げないだけではなく お金を失うというリスクもあります。

だから 楽をして稼ぐという考え方では、株式投資で稼ぎ続けるのは 難しいんですね。

株式投資では、お金に働いてもらいますが、働き方を間違えると 稼げませんし、損をするって事です。

誰もがリスクは嫌ですが、株式投資で稼ぐ為には リスクが必要なんですね。


会社員であればリスクがないのかと言うと そうではありません。

会社員で仕事をしていれば お金を失うというリスクはほとんどありませんが、会社をクビになったり、会社が倒産して 仕事を失うなどのリスクはあるんです。

リスク無しで 生きるって事は、出来ないんですね。

だから リスクを分散させるという考え方が必要なんです。


その為に 株式投資などで お金に働いてもらう方法を利用して リスクを分散させるという考え方を知る事も大切なのではないでしょうか?

預金をしていても 利息が付くので お金を働かせているって事になるのですが、銀行などの金利は あまりにも微々たるものです。

余裕な資金があれば やはり 株式投資で お金に働いてもらって稼ぐという考え方を知る事も大切だと思います。