株の信用取引の恐怖

株式投資で もっている資金だけで取引する現物取引をするのであれば、全ての資金がなくなれば終わりですが、資金以上の取引が出来る信用取引の場合は、全ての資金がなくなっても さらに借金となる場合もあるんです。

株式投資の信用取引は、おおよそ 資金の3倍程度の取引が可能です。

だから 株式投資の信用取引をすると最大で資金の3倍程度の損をするリスクがあるって事なんですね。


しかし 株式投資の信用取引をする事で3倍稼げるチャンスもあります。

そして 現物取引で出来ない 持っていない株を売る(空売り)事が出来るので 株価が下がっても稼ぐ事ができるんです。

株式投資の信用取引って 魅力的ですよね。


しかし 魅力にだけ惑わされていると 株式投資で大きな失敗をしますよ。

先に述べたように その分リスクもあるって事を 理解しましょう。


株の現物取引と信用取引について 仮の取引で損失について説明します。


株式投資に使える余裕資金が50万円あったとします。

現物取引の場合は、最高で50万円の取引が出来ます。

だから 50万の株を購入して その株が最悪0円になった場合は、50万円の損失になります。


信用取引の場合は、資金の3倍程度取引出来るので 50万円の資金で150万円の取引が出来ます。

だから 150万円の株を購入して その株が最悪0円になった場合は、150万円の損失になります。


そして 信用取引の場合は、持っていない株を売る 空売りが出来きます。

株の価格は、最低が0円ですが、最高はありません。

だから売りの方が 買うより リスクが大きいって事になります。


信用取引で 150万の株を売った場合、その株が上がり続けると 損失は、いくらになるか解らないって事ですね。

空売りしている150万円の株が300万円になったら150万円の損失って事になりますし、500万円になれば350万円の損失になるって事です。


ただし 普通は、株が上下して 信用取引のルールである最低委託保証金維持率を割ると追証となり、資金を追加しないと 自動的に株の売買をするので 資金以内での損失となります。

しかし まれに 株の売買取引が成立しないで上がり続けたり 下がり続けるという場合もあるので 資金以上の損失を抱える事もあるんです。

株の信用取引には、大きなリスクがありますので その事を理解して信用取引をしましょう。

普通は、株の信用取引をしていても 資金以上の損失する事は、ほとんどありません。

なぜなら 証券会社の信用取引のルールがあるので 資金を追加しないと自動的に売買するからです。


しかし 損をすると冷静な判断が出来なくなり、余裕資金以外の資金を株式投資に投入したり、借金をしてでも株式投資をしてしまう人がいます。

株式投資は、冷静な判断が出来ないと大きな失敗をします。

だから 絶対に余裕資金以上の株式投資は禁物ですよ。