証券会社が倒産したら?!どうなるの?

投資した企業が倒産したら 最悪 株券が紙くず同然になってしまうのは、知っているけど、株式投資をする為に利用している証券会社が倒産したらどうなるの?って思った事ありませんか?

大切なお金を預けるので そんな心配もしておくべきですよね。


基本は、投資家の財産と証券会社の財産とは別々に管理するように決められているので 証券会社が倒産しても投資家のお金は 無くなりません。

法律によって、証券会社は、投資家の財産と証券会社の財産を別々に管理することが義務付けられているんですね。

その財産を別々に管理する事を 分別管理(ぶんべつかんり)といいます。


さらに 日本投資者保護基金といって もし投資家が証券会社の倒産などにより損害を被った場合に、損失を補償するための基金もあります。

分別管理しているから 日本投資者保護基金なんて 意味が無いのでは?って 思われますよね。

きちんと 証券会社が法律を守って 預けた資産を分別管理していれば 問題ありませんが、もし証券会社が法律違反をして 分別管理していなかった時の為なんです。


そんな事があるのか?

普通はありえませんが、倒産する企業は、切羽詰まってます。

切羽詰まると 法律違反もしてしまうかもしれませんよね。

背に腹はかえられぬって やつです。

だから 日本投資者保護基金があるんですね。


でも 日本投資者保護基金も銀行と同じで お客さま1名あたり1000万円までの補償しかしません。

だから 1000万円以上 預けている場合は、1000万円以上は、補償されないって事になります。

多くの資産があり投資で運用する場合は、一つの証券会社に預けるのではなく 分散しておく事も大切なんですね。


滅多にある事ではないですが、可能性がゼロでは無いので、証券会社の倒産の事も知っておく事も大切です。

知っていると 対処も出来ますので、万が一の事があっても 大丈夫ですよね。