株の情報収集の罠

株式投資をする上で情報収集は、とても大切な作業です。

情報収集の方法としては、雑誌・テレビ・ラジオ・インターネットなどがありますが、やはり情報のスピードの速さでいうと インターネットは欠かせない存在です。

インターネットでいろいろなニュースを見る事も出来ますし、株式市場に上場している企業は、企業のホームページでIR情報を公開しているので 企業が公開している情報も見る事が出来ます。

必要な情報を調べたり、集めたりするには、インターネットはとても役立つんです。

他にもインターネットを利用する事で 個人投資家同士が 情報交換などをする事も出来るんですね。

そして ブログやSNSやツイッターや掲示板などで 沢山の方が情報を公開しています。


しかし インターネットの場合は、匿名で誰でも情報を配信できるので 情報に責任が無いんです。

だから 信憑性に欠ける情報や 全くのデマの情報も数多くあるんですね。

掲示板などには、根拠も無いのに ある企業の株価が下がるなどの嘘の情報を書き込む人もいるって事です。


なら インターネットを利用して騙されてしまうかも?!って 思って 全てを信用しないと 情報を集める意味がありませんよね。

インターネットの情報は、嘘が多いから 専門誌や新聞やテレビだけから情報を収集するって考え方もあります。

しかし 専門誌や新聞やテレビの情報だけでは、情報のスピードに乗り遅れて 株式投資で稼ぐ事が難しいかもしれません。

だから 全ての情報を鵜呑みにするのではなく、インターネットで情報を収集して 情報の信憑性を調べ 選別する事が大切なんです。

情報に確信をもってから その情報により どう株価が変動するのかを予測する事が株式投資で稼ぐ為に大切なんですね。


そして情報を配信する媒体を選別する事も大切です。

基本は、きちんとした ニュースサイトや株式投資専門の情報サイトを利用して、個人のブログや掲示板などに書いてある事は、参考程度にして 見るって感じですね。

→ 株式投資の情報収集に使えるサイト

個人のブログやサイトでも 有益な情報を提供されているサイトもありますので 信頼できるサイトを見つける事も大切ですね。


☆情報を提供する側の人へ

インターネットを利用して 自分が情報を配信する事も出来ますが、絶対にデマはダメですよ。

人道的にもダメですし、故意に株式市場に影響するデマ情報を配信すると 風説の流布といって 法律違反になって 違反者は、懲役または罰金の処罰対象となるんです。

根拠も無いのに 面白半分で 〇〇って企業は、株式分割をするとか 大幅な損失がでたなどの情報で 逮捕された方もいるんですよ。