業種別の特徴を知る事も大切

株式投資で取引される企業には、いろいろな企業があり業種があります。

業種によって株価変動の原因なども違ってきます。

だから 株式投資をする上で 業種の特徴を知る事も大切なんですね。


まずは、円高・円安です。

円高の方がよい業種と円安の方が良い業種があるんです。

基本 円高になると輸入関連株がよくなります。

逆に 円安になると輸出関連額がよくなります。

内需関連株は、為替の影響を受けないので あまり関係がありません。

しかし グローバル経済になり資源の少ない日本では、資源を購入して加工して外国に売って稼ぐという流れがあり 円高が進むと 基本 日本は、景気が悪くなります。

景気が悪くなると さらに生産を海外にシフトしたりして、内需そのものが停滞して もっと景気が悪くなるんです。

円高になると物が安くなるから良い事のように思いますが、円高過ぎるのは、日本経済にとってよい事ではないんですね。

円高・円安で どの業種にどのような影響があるのかを知る事で 業種別に株価変動を予測出来るんです。


そして 商品先物の価格変動でも業種別に影響があります。

原材料の価格が上がると 利益が縮小されます。

しかし 利益を取る為に 商品の価格を上げると 売れ行きが悪くなります。

だから 商品先物の価格変動で 業種によっては 大きな影響があるんです。


○個別の業種で考えると

国の公共工事の予算などで 建設関連株は変動します。

金利や資金需要などで 銀行株は変動します。

原油などの価格によって 鉄鋼資源関連株は、変動します。

ゲームがブームになると ゲーム関連株は変動します。

投資がブームになると 証券関連株は変動します。

オリンピックがあると 不動産関連・宿泊関連・建設関連株は変動します。


世の中の流れによって 業種別に 大きく株価が変動する事もあるんです。

だから 業種別の特徴を知る事が大切なんです。

特に 国が力を入れる政策などが 大きく業種の価格変動に影響を及ぼす事があります。


○例えば

バイオ関係に国が力を注ぐと言えば その関連株が上がります。

高齢者の介護の補助金を国が変更すれば その関連株は影響を受けるんです。

国がどのような方向に力を注ぐのかも 一つの企業で考えるより、業種別で考えると解りやすいんですね。