株価変動の理由無きパターンを知る

株価変動を予測する為に テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析を用いると思いますが、その分析方法では 株価変動の理由を見つける事が出来ないパターンがあります。

そのような株価変動の理由が見つける事が出来ないパターンを 「アノマリー」と呼びます。

アノマリーは、相場の動きについて合理的な説明ができないことを言うんですね。

日本語で例えると 迷信的な感じです。

では、株価変動で有名なアノマリーを紹介します。


・株価変動のアノマリー

・節分天井
2月上旬に高値をつけるって事です。

・彼岸底
3月中旬・9月下旬に安値になるって事です。

・新年度相場
4月は株高になるって事です。

・鯉のぼり相場
5月上旬を過ぎると株価が下がりだすって事です。

・夏枯れ・お盆の閑散相場
8月になると株価が下がるって事です。

・掉尾の一振
年末に株価が高くなるって事です。


他にも 晴れの日は株価が上がり、曇り・雨の日は株価が下がるや満月の日は株価の変動が大きいなどという アノマリーもあるんです。


アノマリーとは、迷信的な部分もありますが、その迷信が信じられる事により人の心理を動かしたり、季節や気候などによって 人の行動パターンが変わり 株価が変動するんだと思います。

テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析が株式投資で稼ぐ為に大切ですが、「アノマリー」も参考程度でも知っておく事は、株式投資で稼ぐ為に大切だと思います。