少額投資非課税制度/NISA(ニーサ)を知る

NISA(ニーサ)とは、2014年1月から導入される「少額投資非課税制度」の日本での愛称です。

少額投資非課税制度は、少額の投資による利益に対して非課税(税金が無い)にするという制度の事です。


NISAでは、1年間の投資金額100万円を上限として、株式、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)、投資信託などの配当金や売買益等などを5年間非課税にする制度で、5年間毎年100万円ずつ非課税額が増えるんです。

NISA口座は、口座を開設する年の1月1日に20歳以上の方で 1人1口座のみ開設可能で 一度開設した場合NISA口座の期間(5年間)は、新規に口座開設をしたり、別の金融機関に変更したりできません。

ですから 金融機関によって手数料や扱っている金融商品などが違うので 慎重にNISAの口座を開設する金融機関を選ぶ必要があります。


NISA口座では、利益が出たときには、非課税(無税)になりますが、損失が出たときには、通常の投資口座とは違い 損失の繰越控除はありませんし 他の投資口座と損益通算も出来ません。

そして NISA口座の非課税枠(1年間100万円)の未使用分を 次の年に繰り越したり、一度売買した非課税枠の再利用はできません。


・取引の例で説明

①A社の株を100万円購入 購入したA社の株が5年後に200万円になった場合、売却したら100万円の利益になります。

税率20%で考えると20万円の税金がかかることになるので80万円の純利益になりますが、NISA口座だと非課税になるので利益の100万円そのまま純利益になるんです。

しかし 5年後に購入したA社の株が50万円になっていたら、税金はかかりませんので 非課税の意味もありません。


②A社の株を100万円購入 すぐに購入したA社の株が110万円になったので売却した場合、一度使った非課税枠が無くなりますので、次に購入する場合は、非課税ではありません。

だから NISA口座は、短期投資より長期投資向きだということです。


③A社の株を100万円購入 購入したA社の株が2年後に200万円になったが、非課税の期間があるから売らないで持ち続けたけど 購入したA社の株が5年後に50万円になった場合は 50万円の損失です。

非課税の期間を気にしすぎると チャンスを逃す事になる場合もあるんです。


◎NISA(ニーサ)のまとめ

非課税対象投資 株式、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)、投資信託などの配当金や売買益
非課税投資金額 毎年100万円 5年間(最大500万円)
非課税期間 最長5年間非課税
NISA口座利用可能な方 口座を開設する年の1月1日に20歳以上の方
NISA口座数 1人1口座のみ開設可能。
(途中で別の金融機関に変更する事はできません。)
NISAデメリット 他の口座との損益通算・損失の繰越控除は出来ない。