株価指数を学ぶ(日経平均株価・TOPIX)

株価指数によって 日本経済・企業の景気の動向を掴む事が出来ます。

景気が良く 日本の株式指数が上昇傾向だと 間接的な影響により いろいろな業種の株価が上昇しますし、 景気が悪く 日本の株式指数が下降傾向だと 間接的な影響により いろいろな業種の株価が下降します。

株式投資で取引する企業だけではなく 株価指数により全体的な日本の株価市場の動向を分析する事で 株価の動向を予測する事も出来るんですね。


では、日本の株式市場全体の動きを表す代表的な株価指数である 日経平均株価・TOPIXについて説明します。

日経平均株価とは、東京証券取引所の一部市場に上場している企業で 代表的な225銘柄の株価を指数化したものです。225銘柄については、時代の変化にあわせて入れ替えが行われます。

TOPIX(東証株価指数)は、東京証券取引所の一部市場に上場している全ての企業を対象に 銘柄ごとの時価総額で計算した指数です。

さらに 東京取引所のベンチャー企業が多い新興市場であるマザーズに上場している企業を対象にしたマザーズ指数などもあります。

マザーズ指数は、マザーズに上場している全ての企業を対象に 銘柄ごとの時価総額で計算した指数です。


そして 日本の株価は、海外の株価に連動する傾向があるので 海外の株価指数もきちんと把握しておく必要があります。

その中でも 日本の株価に大きく影響するのが アメリカの株価指数です。

アメリカの代表する株価指数は、ダウ平均株価・ナスダック総合株価指数・S&P 500などがあります。

ダウ平均株価は、ダウ・ジョーンズ社がアメリカのさまざまな業種の代表的な銘柄を選出し、平均株価をリアルタイムで公表する株価指数である。

ナスダック総合株価指数は、アメリカ合衆国にある世界最大のベンチャー向け株式市場であるNASDAQ(ナスダック)に上場している全ての企業を対象に 銘柄ごとの時価総額で計算した指数です。

誰もが聞いた事のあるマイクロソフト・グーグル・ヤフーなどが上場しており 世界的に有名なハイテクやネット関係の動向を知る為に重要な指数です。

S&P 500は、投資情報会社であるスタンダード・アンド・プアーズ社がニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、NASDAQ(ナスダック)に上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出しているアメリカの代表的な株価指数。


他にも いろいろな国の株価指数がありますので どのように関連しているのかを予測して指数を把握するのも 株式投資をしていく為には大切だと思いますよ。