株を取引する証券取引所(一部・二部・新興市場)

株式投資をするには、証券会社の口座を開設して取引しますが、株を実際に取引するのは証券取引所です。

株の売買を行う市場を持つ証券取引所は、東京・名古屋・福岡・札幌の4か所にあります。

証券取引所は、株式の市場流通性を高める為や投資家が公正な価格での取引をする為の役割を担っています。

証券取引所では、どの企業の株でも取引できるわけではありません。


上場企業ってのを 聞いた事があると思いますが、証券取引所の市場によって細かな上場基準を定めており、その条件をクリアした企業が上場企業であって その上場企業の株を取引できるんです。

なぜ上場条件を決めているかというと 投資家を守る為なんです。

上場する為には、企業はいろいろな条件をクリアする必要があり その条件をクリアする為には、企業は情報を開示する必要もありますし、いろいろな改善をして 健全な企業である必要があるんです。

投資家が安心して取引できる信頼性のある企業でないと 上場できないという仕組みなんですね。


証券取引所には、市場によっても上場基準が違い 企業の信頼性も違うんです。

東京・名古屋の証券取引所には、一部市場・二部市場があり、一部市場の方が二部市場より上場条件が厳しいので 一部市場の方が 信頼性が高いとされます。

さらに 新興市場という市場があり 東京(マザーズ) 名古屋(セントレック)などがあり、ベンチャー企業向けの上場条件がある程度 緩和された市場もあるんです。


特に東京の一部市場は、大手企業でなければ 上場条件をクリアする事ができません。

だから 東京の一部市場に上場している企業が 一番 信頼性が高いとされています。


市場によって取引量が違い そして 市場によってもリスクとリターンが変わってきます。

東京の一部市場に上場している企業であれば 基本 株の発行数も多く少々の売買で株価は大きく変動しませんが、二部市場や新興市場に上場している発行株数が少ない株の場合は、少々の売買で 大きく価格が変動する場合もあります。

新興市場の場合は、ベンチャー企業が多く 業績も不安定なため 株価の変動が多いんです。


大きな金額で取引する場合やある程度安全な株式投資をしたいのであれば やはり大きな企業が多い 東京の一部市場に上場している企業の株を売買した方がよいですし、ハイリスク・ハイリターンな株式投資をしたいのであれば、ベンチャー企業の多い 新興市場の企業の株を売買すればいいんですね。