株式投資の監理・整理ポスト

株式投資で取引できる株は、基本 株式市場に上場した企業の株です。

株式市場に上場する為には、証券取引所が定めた 上場基準を満たす必要があります。

しかし 株式市場に上場している企業でも 上場廃止基準に該当するおそれがある場合は、通常取引から「監理ポスト」に移され、上場の廃止が決定すれば 「整理ポスト」に移されます。


監理ポストは、投資家に 上場廃止の危険がありますよと 知らせる為にあるんです。

整理ポストは、投資家に 上場廃止が決定している企業ですよと 知らせる為にあるんです。

でも 監理ポスト・整理ポスト共に 株の売買は出来ます。


監理ポストは、上場廃止の危険性がありますが、上場廃止が決定したわけではありません。

だから 監理ポストになっても 上場廃止基準に該当していなければ、通常取引に戻りますので 監理ポストになって大きく下がった株価が 通常の取引にもどれば 大きく株価が上がる場合もあります。


整理ポストは、上場廃止が決定です。

整理ポストになると 整理売買の為の期間として原則1ヶ月間売買が出来ますが、原則として、1ヵ月間売買が行われた後に上場廃止になります。

整理ポストになった場合は、原則として、1ヵ月間上場廃止なので 1ヵ月後には 普通に株式市場で売買出来なくなります。

なのに 整理ポストでも売買出来るのは 変ですよね。

整理ポストでの売買は、ほとんどが 投資というより 投機(ギャンブル)になります。

危険ですので 整理ポストの銘柄は、基本 さけた方がよいと思います。