株の順張り・逆張りとは?!

株式投資で購入する銘柄を選ぶ際に どのタイミングで購入しようかと悩みますよね。

基本 株を購入するタイミングを決める方法で 「順張り」と「逆張り」という考え方があります。


順張りとは、株価が上昇中の銘柄が もっと上がると思って購入する方法で 常套手段です。

ある程度 安定的な業績で安定して上がっている銘柄を選んで購入するという考え方なので どちらかというとローリスク・ローリターンな考え方だといえます。

株式投資のテクニカル分析で考えると 上昇トレンド中の銘柄を購入するという考え方です。

株式投資を始めて間もない方などは、業績の良い企業の成長を望んで株を購入して 稼ぐという順張りで考えて購入した方がよいと思います。


逆張りは、株価が下落中の銘柄を狙い 株を株価の底値で購入しようとする方法です。

なるべく安値で株を購入したいという考え方ですね。

株価が下落中で購入する事で 底値で買って 大きく稼ごうとする方法ですが、どこが底値なのかは解らないので ハイリスク・ハイリターンな考え方だといえます。

株式投資のテクニカル分析で考えると 下降トレンド中の銘柄の上昇トレンドへの転換期を狙って購入するという考え方です。

トレンドについては、こちらで説明しております。→ トレンドライン


逆張りでは、悪材料などがでた銘柄や業績不振の銘柄などで株価が下落している時に そろそろ下げ止まって 底値だと判断して購入しますが、まだまだ下がる事もありますので、一度に大きく購入するのは危険です。

だから 逆張りの場合は、特にナンピン買いを考えておく必要があります。

ナンピン買いとは、保有している株が下落した際に、平均取得価格を下げる為に さらに買い増しをすることです。

さらに株価が下落するというリスクも考えて 分散して購入するって事です。


逆張りの場合は、下落中に株を購入して 株価の上昇にそなえるので リスクも多く時間がかかる場合もありますが、上昇に転じた倍は大きなリターンを期待できるんですね。

考え方の違いであって 誰もが株式投資で稼ぐ為に 安く買って高く売る事を目的としているので、順張り・逆張り どちらが良いというわけではありません。


順張りの方がローリスク・ローリターンで 逆張りの方がハイリスク・ハイリターンだという事を理解して 自分のスタイルにあった方法を見つけて 株式投資で稼ぐ為に銘柄を分析して 売買タイミングを考える必要があるって事ですね。