株価・企業を比較する必要性を知る

株式投資で稼ぐ為には、価格変動を予測する必要があります。

基本 ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いて 価格変動を予測します。

しかし 企業の業種などによって 価格変動の予測が難しい場合があります。

そして 1つの企業だけ分析して割安だとか判断するのも失敗する確率を上げてしまうんです。

だから 株価の動きや企業の情報などを いろいろな株で比較したほうがいいんです。


◎株価・企業を比較する

株価の価値を比較する為には、PER・PBR・ROEが利用できます。

PER(株価収益率)は、企業の株価と利益で 株価の価値を判断できる指標。

PBR(株価純資産倍率)は、企業の純資産額と株価で 株価の価値を判断できる指標。

ROE(資本利益率)は、企業の純利益と純資産で 利益を生み出しているか判断できる指標。

だから PER・PBR・ROEの数値だけで 株価の価値や企業の価値を判断出来るんです。

気になる企業と同業種の企業などの PER・PBR・ROEを比較する事で 割高・割安などの判断も出来るんです。

PER・PBR・ROEについて詳しくは こちらで説明。


◎株価の動きを比較する

株価の動きには、テクニカル分析で解るようにパターンがあります。

そして 業種や企業によっても パターンが違ってくる場合もあります。

気になる企業と同業種の企業の株価の動きを比較する事で 今後の株価変動を予測できる場合もあるんです。

さらに 比較する事で業種全体の景気や成長力を判断する事も出来ます。


株式投資で稼ぐ為には、偏った情報(一つの企業の情報)だけでなく 全体をある程度把握した方がいいんです。

全体を把握する為にも 株価と企業を比較する事が 株式投資で失敗しない為にも大切なんですね。