株を売買のタイミングを考える

株式投資で稼ぐ為には、株を売買する必要があります。

株を買うタイミングは、いろいろな分析をして 慎重に考える事が出来ます。

ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析をして、いろいろと考えて株価が上がると判断できたら 株を買えばいいんです。


株式投資で一番難しいのが 買うことより いつ売るかなんです。

株を買って 上がったら もっと上がって稼げるかと思ってしまい 売るタイミングを逃し 損をしてしまいます。

株を買って 下がったら きっと上がると思ってしまい 売るタイミングを逃し もっと損をしてしまいます。

株をする場合は、売るルールを決めておく事が重要なんです。

売るルールを例で紹介します。

・株を売るルール

○目標の設定
株価が5%上がったら売る、利益が5万円になったら売る。

○損失の設定
株価が5%下がったら売る、損失が5万円になったら売る。

○分析方法で設定
移動平均線がデッドクロスで売る、信頼している分析方法の売りポイントで売る。

○情報で設定
悪いニュースが出れば売る、良いニュースが出れば利益確定の為に売る。

こんな感じで売るルールを決めておく事で 売るタイミングを逃さなくてすむんです。

※ルールを守る事を前提としています。


しかし 株式投資の信用取引の場合は、もっていない株を売って 株価が下がったら買い戻して 稼ぐ事も出来るので 買い戻しのルールを決めておく事も大切です。

基本 売買タイミングは、銘柄や状況によって 少しずつ違ってくると思いますが、ある程度のルールを決めておく事で 客観的な判断ができて 失敗を少なくする事が出来ます。

株式投資をしていると誰もが必ず失敗しますが、どれだけ 失敗を少なく 最小限に抑える事ができるかが 株式投資で稼ぎ続ける為には 大切なんです。

株式投資で稼ぐ為には、動物的な勘や経験に基づく勘も大切な場合もありますが、基本的なルールがあってこそ その勘がいかされるんです。

勘だけで 勝負していると 株式投資で稼ぎ続ける事は、難しいんです。

だから 売買ルールを決めておきましょう。