信用取引残高(買い残・売り残)を学ぶ

株式投資には、現物取引と信用取引があります。

現物取引は、持っている資金を使って株式を売買します。信用取引は、現物株や資金を担保に証券会社から株券を借りて売買します。

その信用取引で売買中の株を信用取引残高といいます。

信用取引で買っている取引残高の合計を買い残といい、信用取引で売っている取引残高の合計を売り残といいます。


信用取引の買い残と売り残で 今後の株価の変動を予測する事が出来るんです。

信用取引で買っている人は、株が上がると思っている方です。

しかし 信用取引で買うと必ず期限までに売って 取引決済をする必要があります。

だから 信用取引で買っている人(買い残)が多い時は、期限までに売って決済する人が多いという事になるので 株価が下がる要因になるという事です。

逆に 信用取引で売っている人は、株が下がると思っている方です。

しかし 信用取引で売ると必ず期限までに買い戻す 取引決済をする必要があります。

だから 信用取引で売っている人(売り残)が多い時は、期限までに買って決済する人が多いという事になるので 株価が上がる要因になるという事です。


信用取引の買い残と売り残のバランスが大切なんです。

バランスを数値化して把握する為に 買い残を売り残で割った貸借倍率でバランスをみます。

買い残と売り残が同じであれば 1倍になりますが、基本 買い残の方が多い傾向ですので、いろいろの株の銘柄と比較しながら 買い残と売り残のバランスを調べて バランスが崩れている時には、売買のチャンスだと言うことです。


そして 信用取引残の増えた期間と決済期限で 株価変動を予測する事も出来ます。

信用取引で買っている人も株価が上がらなくても 決済期限までには、売って決済する必要があります。だから 買い残が増えてから株価が上がらない場合は、決済期限に近づくにつれて 売りの決済をするので もっと下がる可能性が高くなると判断出来ます。

逆に 売り残が増えてから株価が下がらない場合は、決済期限に近づくにつれて 買いの決済をするので もっと上がる可能性が高くなると判断出来ます。


単純に 株価は買い残が多くなると下がり 売り残が多くなると上がるって事ではありません。

買い残が多くても 企業の業績が好調で 利益確定しながら 株価が上がる場合もありますし、売り残が多くても 企業の業績が悪く どんどん下がる株もあるんです。


信用取引残高(買い残・売り残)だけで 株価の動向を掴む事は出来ませんが、いろいろな指標と一緒に信用取引残高(買い残・売り残)を把握する事で 株価の変動を予測する為になるんですね。