株の取引ルールを明確にする

株式投資で稼ぐには、取引ルールを明確にしておく事が大切です。

なぜなら 人の心理は、状況によって変化し 判断力に影響を及ぼすからです。

だから 取引ルールを明確にする事で 心理状況による 判断ミスを防ぐことができるからですね。

・取引ルールについて

取引ルールは、人によって違ってきますが、私なりに思いつく取引ルールを紹介します。

1.現物取引で 中長期で考えている銘柄の場合は、損失10%で決済。

2.信用取引での売買では、損失5%で決済。

3.中長期で考える銘柄は、PBR1.5倍以下・PER15倍以下。

4.通常は口座資金の半分以内での取引。

5.デイトレード目的で売買した銘柄は、翌日に持ち越さない。

6.テクニカル分析では2つ以上の分析方法で分析する。

7.目標の売買金額を設定し、目標金額に達したら1度 決済する。

他にもいろいろとありますが、上記は 私なりの取引ルールです。

株式投資で失敗する方は、損失が出たときに 決済が出来ずに もっと損失を大きくする人が多いんです。

だから 損失が出ても 損失を最小限に抑える 取引ルールを決めておく事が大切なんですね。


株で勝ち続ける事は不可能です。

誰でも 負けて 損をする事はありますが トータルで 株式投資で稼ぎ続ける事は出来るんです。

株で稼ぎ続けるには、損失をどれだけ抑えられるかが とても大切な要因なんですよ。

だから 負けて 不安定な心理状況の時でも 判断ミスをしない為に 取引ルールを明確に決めておく事が 損失を最低限に抑える為の知恵なんですね。

どんな投資家も 不安を感じる事もありますし、冷静な判断が出来ない場合もあります。

だから 株の取引ルールを明確にする事が 株で失敗しない為に 大切なんですよ。