エンベロープ(Envelope)

エンベロープとは、移動平均線から一定の割合(乖離率)で、上下に離して線を記入したものです。

移動平均線から一定の割合(乖離率)で離れたら、反転の動きになる事が多いから 売買ポイントを判断する為に利用出来るんです。


エンベロープは、銘柄などによって 振れ幅が違ったりしますので、銘柄によって 最適な抵抗ラインをみつける必要があります。

エンベロープの利用の仕方としては、乖離率2.5や5.0や7.5などの上下のラインを基本にチャートの振れ幅によって エンベロープの下限を-7.5で「買い」上限+7.5で「売り」とするなどで利用します。


・エンベロープで売買ポイントを掴む!!

エンベロープの場合は、銘柄などによって 設定する乖離率が違ってくるので一概に言えませんが、基本 乖離率5.0を基本として売買ポイントを読む事が多くなります。

乖離率 +5%のラインを超えると そろそろ売りのポイント?!

乖離率 -5%のラインを割ると そろそろ買いのポイント?!


◎エンベロープ 参考