ストキャスティクス

ストキャスティクスは、一定期間の価格のレンジの中で直近の終値が高値に近いか安値に近いのかを判断できる指標です。

株価が「売られ過ぎ」なのか「買われ過ぎ」を判断するための指標なんです。

ストキャスティクスには、%K・%D・Slow%Dという指標があります。


◎ストキャスティクス(%K・%D・Slow%D)の計算式

統計学上では、ボリジャーバンドの範囲内で株価が収まる確率は下記のようになっています。

%K = (直近終値 - 直近N日間の最安値) ÷ (直近N日間の最高値 - 直近N日間の最安値) × 100

%D = (直近3日間の終値 - N日間の最安値の合計) ÷ (直近3日間のN日間の最高値 - N日間の最安値の合計) × 100

Slow%D = 直近3日間の%Dの合計 ÷ 3 × 100


計算式は、ややこしいですが、ストキャスティックスの判断基準のとしては、80%以上を高値圏(買われ過ぎ)、20%以下を安値圏(売られ過ぎ)と判断できるんです。


・ストキャスティクスで売買ポイントを掴む!!

%K・%D・Slow%Dが20%以下だと安値圏(売られ過ぎ)と判断できるので買いのポイント。

%Kが%Dを下から上へ抜けた時・%DがSlow%Dを下から上へ抜けた時に買いのポイント。

%K・%D・Slow%Dが80%以上だと高値圏(買われ過ぎ)と判断できるので売りのポイント。

%Kが%Dを上から下へ抜けた時・%DがSlow%Dを上から下へ抜けた時に売りのポイント。


◎ストキャスティックス 参考