ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、今後の相場の値幅や反転やトレンド転換を判断できる指標です。

ボリンジャーバンドは、移動平均線と標準偏差で構成されます。

標準偏差=シグマ(σ)を計算し、移動平均線に対してシグマの1~3倍したものをボリンジャーバンドの+2σ~+3σと表し、減算したものをボリンジャーバンドの-1σ~-3σとして表します。

ボリジャーバンドでは、移動平均線と標準偏差をチャートに重ねる事で 株価が売られすぎ 買われすぎなどと判断したり、トレンドの転換を判断する事も出来るんです。


統計学上では、ボリジャーバンドの範囲内で株価が収まる確率は下記のようになっています。

株価がボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率が約68.3%

株価がボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率が約95.4%

株価がボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率が約99.7%


だから ほとんどが±2σの範囲内に株価が収まるって事なので、株価が±2σ以外の範囲になれば 売買のタイミングって事になるんです。

-2σのラインを下回った時に売られすぎと判断して買いと判断したり、+2σのラインを上回った時に買われすぎと判断して売りと判断したり出来るんです。

ボリンジャーバンドは、株価の変動によって 幅が広がったり狭まったりします。

株価の変動が少なく 迷っている時に ボリジャーバンドの幅は狭まります。

迷っている時に 株価が±2σラインの範囲外になった時にトレンドの転換と判断する事が出来ます。

ボリジャーバンドの幅が狭い時に 株価が+2σラインを上回った時には買いと判断したり、-2σラインを下回った時を売りと判断する事も出来るんです。

ボリンジャーバンドで売買ポイントを予測する場合は、ボリンジャーバンドの幅によって、全く逆の判断をする事も出来るんです。


・ボリンジャーバンドで売買ポイントを掴む!!

株価が上下に変動してボリンジャーバンドの幅が広い時は、-2σのラインを下回った時には、買いのポイントで、+2σのラインを上回った時には、売りのポイント。

株価の変動が少なくボリンジャーバンドの幅が狭い時が続いた時は、+2σラインを上回った時には、買いのポイントで、-2σラインを下回った時は、売りのポイント。


◎ボリンジャーバンド 参考