一目均衡表

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)は、相場の値動き・時間などを総合的に判断できる指標です。

一目均衡表では、一目で相場の均衡状態を判断する事が出来るんです。

一目均衡表は、基準線・転換線・先行スパンA・先行スパンB・遅行スパンの5本の線で形成されています。

・5本の線の計算方法

基準線=(過去26日間の最高値+最安値)÷2

転換線=(過去9日間の最高値+最安値)÷2

先行スパンA=(転換値+基準値)÷2 を当日を含めて26日先へずらしたもの

先行スパンB=(52日間の最高値+52日間の最安値)÷2 を当日を含めて26日先へずらしたもの

遅行スパン=当日の終値を、当日を含めて26日後方へずらしたもの

※先行スパンAとBに囲まれた部分を「雲(くも)」と呼びます。


一目均衡表での分析方法

基準線と転換線が上向きの時は、相場が強気と判断し、下向きの時は、相場が弱気と判断します。

先行スパンA・先行スパンBが交差する時に 相場の転換期と判断します。

雲の上にローソク足がある場合は、相場は強気と判断でき、雲の下にローソク足がある場合は相場は弱気と判断できます。

ローソク足が雲の上にある場合は、下の雲が抵抗帯になり それから下げる可能性が低いと判断でき、ローソク足が雲の下にある場合は、上の雲が抵抗帯になり そこから上げる可能性が低いと判断できます。

そして 雲が厚いと 抵抗が大きく 雲が薄いと 抵抗が小さいと判断できます。


・一目均衡表で売買ポイントを掴む!!

転換線が基準線を下から上へ交差すれば買いのポイントで 逆に転換線が基準線を上から下へ交差すれば売りのポイント。

ローソク足が雲を下から上に抜けると買いのポイントで 逆にローソク足が雲を上から下に抜けると売りのポイント。

ローソク足が雲の上から雲まで下がっても雲を下に抜けずに反発した場合は買いのポイント、逆にローソク足が雲の下から雲まで上がっても雲の上に抜けずに反発した場合は売りのポイント。


◎一目均衡表 参考