RSI

RSI(Relative Strength Index)は、日本語では「相対力指数」と呼ばれ、一定期間における株価の値動きの上昇・下降のどちらの勢いが強いのか? 相場の強弱を数値で表した指標です。

RSIでは、相場の勢いと 買われすぎ 売られすぎを判断出来るんです。

RSIは、50%を中心として0~100%の範囲で折れ線グラフで表示されます。

50%以上になると 相場は上昇の勢いがあり、50%以下になると相場は下降傾向にあると判断出来ます。

そして RSIが70%~80%を超えると買われすぎと判断して 20%~30%を下回れば売られすぎと判断します。

RSIの計算方法

RSI=N期間の値上がり幅平均÷(N期間の値上がり幅平均+N期間の値下がり幅平均)×100


・RSIで売買ポイントを掴む!!

RSIが20%~30%を下回れば 基本 売られすぎと判断されるので買いのポイント

RSIが70%~80%を超えると 基本 買われすぎと判断されるので売りのポイント


◎RSI 参考