ローソク足

ローソク足とは、株価の変動を四角と線で表すテクニカル分析のチャートです。

ローソク足は、一定期間の始値・終値・高値・安値の4 つを、四角と線で表します。

ローソク足では、始値より終値が高ければ 陽線と呼ばれ白などで表され 始値より終値が低ければ 陰線と呼ばれ黒などで表されます。

そして 期間中の高値・安値がヒゲという線で表されるんです。


◎ローソク足 図

◎ローソク足の意味

・大陽線
強い上昇を意味する

・大陰線
強い下降を意味する

・下影陽線
上昇を意味する

・下影陰線
上昇を意味する

・上影陽線
下降を意味する

・上影陰線
下降を意味する

・小陽線
保合だが少し上昇を意味する

・小陰線
保合だが少し下降を意味する

・十時線(同事線)
始値と終値がほぼ同じ場合に出来る。転換期・迷いを意味する

ローソク足は、一つでも意味がありますが、複数のローソク足の組み合わせで 意味がより強くなります。

2つのローソク足の組み合わの意味

2つのローソク足 上昇の意味を示唆


2つのローソク足 下降の意味を示唆