テクニカル分析編

テクニカル分析は、過去の価格変動や出来高や時間経過などを、チャート(グラフ)化して 今後の株価の変動を予測する分析方法です。

テクニカル分析では、ローソク足を基本に数学的な計算でチャートを書いていきます。

そして チャートを分析する事で 過去の投資家の行動を理解し、今後の投資家の心理的行動を読み 投資家の売り買いの動向を読むってのが テクニカル分析って事です。

◎テクニカル分析は、トレンド系とオシレーター系があります。

トレンド系では、株価が上昇傾向にあるのか、それとも下降傾向にあるのかといった相場の流れを判断します。

オシレーターでは、株の売られすぎ、買われすぎを 判断するための指標となります。

どのテクニカル分析が良いの?

テクニカル分析には、いろいろな種類がありますが、どの分析方法も 良い所もあれば 悪い所もあります。

だから 複数のテクニカル分析を 複合して利用した方がいいんです。

一つの テクニカル分析に拘らず いろいろなテクニカル分析で比較 検討する事が大切なんですね。

テクニカル分析